設備の欠陥を確実に修復してくれる、専門業者の高い技術

設備に関するトラブルを賢く解決する方法

取り替えるメリット

家電を買い替える前にコンセントを交換してみましょう

電気ポットのお湯を入れ替えようとコンセントを抜いた時、配線が熱くなっていた経験はありませんか。夏の扇風機や冬場のストーブなど、季節商品はその時だけしか使用しないため、メンテナンスが行き届かない場合があります。間違えてコンセントを踏んでしまうと電線の芯である銅線が切れかかったり、電線を折り曲げていたことで接触が悪くなったりします。そんな時は家電そのものを交換する前に、差し込み部分のコンセントを交換してみましょう。壁面のコンセントやスイッチは電気工事士の資格が必要ですが、このような修理は個人で修理することができます。物が溢れている時代だからこそ、少しの不具合で処分してしまうのではなく、経済的にコンセントを交換してみましょう。

消費電力を考えて家電を利用しましょう

コンセントを交換する手間を掛けなかったり、消費電力を考えずに家電を使い続けると、大きな火災事故に繋がります。室内の家電が多くなると、延長コードを利用したり、テーブルタップを使用します。調理機器のように消費電力が大きいものを許容範囲を超えた配線で繋ぐと、熱を持つことがあります。たこ足配線は便利さを優先させ、かなり大きなリスクを負っています。テーブルタップには最大ワット数が記載されているので、使用する電気機器の使用電力を賄えるのか、必ず確認しましょう。アンペアで表記されている場合には、アンペア数に100を掛けるとワット数が算出されます。ドライヤーのように差し抜きの多い家電は特に注意が必要です。使用方法を考えながら生活することで、思わぬ火災を防止してくれます。